メディアで語られない、ニュースの裏側を知る旅へ

  • 年間40万人超(2018年実績)の韓国人観光客が訪れる離島の現状
  • 日韓関係の悪化から【観光客は減少】、 しかし【土地の購入】は、より加速している‼︎ その背景とは…。
  • 国防の要、対馬の自衛隊基地周辺で一体何が起きているのか
  • 実質韓国化の現状に対し、近隣住民がどう感じているのか?

今、そこにある危機を目の当たりにし

国境の島、対馬で何が起きているのか? グローバル経営者フォーラムin九州で登壇いただいた宮本雅史氏と共に対馬の現実を知り、その問題の本質を考えるためのツアーです。

領土問題対策として、法律の制定は急務です。しかし、領土問題の本質を特定しなければ何も解決することができません。そして、その問題は我々の経営の現場(日常)に深く関係しています。現地視察ならではの危機感を肌で感じ、この問題の当事者として共に考えましょう。

1953年和歌山県生まれ。慶應義塾大学卒業後、産経新聞社入社。ハーバード大学に留学後、ゼネコン汚職事件のスクープで日本新聞協会賞受賞。司法や警視庁の記者クラブキャップ、本社社会部次長、バンコク支局長等を経て一時退社。フリージャーナリストとして活躍後、同社に復社。社会部編集委員、那覇支局長を経て現職に至る。

ツアー代金(参加者1名)

日本的経営研究会会員 8万円(税込)
一般 11万円(税込)

・天候、その他の事情により、行程が変更又は中止になる恐れがあります。予めご了承ください。
・現地集合、解散となっております(ツアー代に対馬までの往復交通費は含まれておりません)。
※一般社団法人での活動の為、宮本氏と同行者の実費費用分を参加者で按分させて頂いておりますが、収益は含まれておりません。

注意事項

定員 20名  最低催行人数 12名

  • お申込後1週間以内のお振込のご協力をお願い 致します。振込手数料はご負担下さいませ。
  • 会員の同行者は会員料金を適用頂けます。
  • キャンセル料は、11月1日より全額発生

【振込先】
一般社団法人 日本的経営研究会  福岡銀行 本店営業部 普通6746851

ツアー日程

※東京から参加の方は、当日早朝便を使えば【一泊二日(日・月曜)】が可能です。

 往路:例えば、

 ANA241  羽田  7:25 → 福岡 9:30

 ANA4933 福岡10:05 → 対馬  10:45

申込フォーム

必要事項をご記入の上、送信ください。
※2人目以降の参加者情報は、「コメント」に記入お願いいたします。

     
会社名
※㈱等の略文字は使用しないでください。
お役職  ※入力は任意です
ご参加者名 例)山田 太郎
電子メール
住所
個人の方はご自宅住所を記載ください
※郵便番号 ※半角 ハイフンあり 000-0000

※都道府県

※市区郡

※町名・番地

ビル名

電話番号 ※半角ハイフンなし
お支払方法  
コメント    

24時間以内に受付完了メールが届かない場合には 入力したメールアドレスに誤りがあるか、 送信エラーが起きている恐れがございます。 メールアドレスのお間違いがない場合は、 大変恐れ入りますが事務局にまでご連絡下さい。

カテゴリー